皆さんこんにちは!

アクアプランツWEB編集部です。

今回ご紹介するのは以下の2つのQAです。

まりも状の藻類と“アクアリストの宿敵”ともいえる黒髭苔(くろひげごけ)の対策です!

それではどうぞ!

QA.065 糸状の藻類(まりも状)対策を教えて!

硬い糸状の灰色~濃い緑色した藻類です。
糸が絡んだような姿をしていることが多いことから、私はこう呼んでいます。
それほど発生頻度は高くなく、増殖スピードも早くないことからあまり驚異にはなりません。
水が淀んでいる石や流木、水草に絡むように増殖することが多いので、水槽の後ろの方や茂みの下の方でいつの間にか増えているなんてことが多いですよ。

【対策方法】
見つけ次第、ピンセットなどでつまんで取ると良いでしょう。
その際、破片が散るとそこからまた増殖してしまうので、そっとバラけないように取り除くのがコツです。
水草に絡んでいる場合は、きれいに取り切れないことが多いので、絡んでいる部分ごとカットして取り除くと良いでしょう。

【有効なお掃除屋さん】
無し
※シルバーフライングフォックスが多少食べます。

マリモ状の藻類。Photo by G.Todoroki
シルバーフライングフォックス(写真はやや体色が黄色みがかった変異個体)。Photo by MPJ

QA.066 黒髭苔対策を教えて!

恐らく最も多くのアクアリストを苦しめている藻類ではないでしょうか。
硬く取り除くことが難しく、お掃除屋さんもあまり食べてくれないことから、対処が難しい藻類と言えます。
予防するのが一番の対策なのですが、中々それも難しいのでアクアリウムを続ける限り気長に向き合っていくことになるでしょう。

【対策方法】
シルバーフライングフォックスがかなり強力に黒髭苔を食べてくれることがわかりました。
黒髭苔があまり増殖していない環境なら、50L/1匹程度で十分に予防効果がありますのでお試しください。

ただし、多少気の荒い面が見られますから、同居魚の様子をよく観察してください。

給餌量が多い環境ほど増殖しやすい傾向があるので、餌を控えめにすることである程度の予防効果があります。
活性炭の使用など、水中から有機物を除去する施策も予防に効果があります。
また、黒髭苔などの硬い藻類は硬度の高い環境の方が増殖しやすい傾向があるので、軟水にする施策も効果的です。

【有効なお掃除屋さん】
シルバーフライングフォックス

ヤマトヌマエビ、サイアミーズフライングフォックス、石巻貝
※これらは駆除というよりは予防になる程度です

水草の縁についた黒髭苔。Photo by MPJ
流木をびっしりと覆った黒髭苔。Photo by MPJ
シルバーフライングフォックス(写真はやや体色が黄色みがかった変異個体)。Photo by MPJ

水草Q&A