当ページでは、月刊アクアライフにて連載中の「キリーフィッシュエンスー」を一覧にまとめています。

「キリーフィッシュエンスー」について

卵生メダカ
「No.2 ノソブランキウス・ギュンテリー “レッド”(ガンサアイ)」より(2016年10月号掲載)

キリーフィッシュエンスー(Killifish Enthu)は、卵生メダカを1種類づつとりあげ、写真とともに紹介していく連載です。

年魚、非年魚……様々な卵生メダカが登場します。

 

生きた宝石とも称される卵生メダカの世界を、ぜひご覧ください。

※こちらのページは連載に合わせ、随時更新していきます。

2021年掲載分

No.61 エピプラティス・ダゲッティ・モンロビアエ Epiplatys dageti monroviae(Arnoult & Daget,1965) (11月号)
No.60 オーストロレビアス・チャルーア Austrolebias  charrua(Costa& Cheffe,2001) (10月号)
No.59 オーストロレビアス・アラチャン Austrolebias arachan (Loureiro,Azpelicueta & G.B.García,2004) (9月号)
No.58 アフィオセミオン・アモエナム Aphyosemion amoenum(Radda & Pürzl 1976)  (8月号)
No.57 ヒプソレビアス・ラディセリアタス Hypsolebias radiseriatus(Costa, Amorim and Mattos 2012)  (7月号)
No.56 アフィオセミオン・バミレコルム Aphyosemion bamilekorum(Radda 1971)  (6月号)
No.55 オーストロレビアス・ウォルターストルフィ Austrolebias wolterstorffi(Ahl, 1924)  (5月号)
No.54 フンデュロパンチャックス・フェーステッディ(ナイジェリアタイプ) Fundulopanchax sjoestedti (Lonnberg, 1895) (4月号)
No.53 オーストロレビアス・アパイィ Austrolebias apaii(Costa,Laurino,Recuero & Salvia in Costa 2006) 3月号
No.52 アフィオセミオン・ストリアタム Aphyosemion striatum (Boulenger 1911) (2月号)

2020年掲載分

No.51 アフィオセミオン・レクトオゴエンセ Aphyosemion rectogoense (Radda & Huber,1977) (12月号)
No.50 ノソブランキウス・ウガンデンシス Nothobranchius ugandensis (Wildekamp,1994) (11月号)
No.49 アフィオセミオン・エクシグウム Aphyosemion exiguum (Boulenger, 1911) (10月号)
No.48 テラナトス・ドリコプテルス “スワローキリー” Terranatos dolichopterus,(Weitzmann & Wourms, 1967) (9月号)
No.47 特別編 ブリーディング・タクティクスvol.1 非年魚の自然繁殖と水草 (8月号)
No.46 ヒプソレビアス・カルレットイ Hypsolebias carlettoi (W. J. E. M. Costa & D. T. B. Nielsen, 2004) (7月号)
No.45 アフィオセミオン・エクシゴイデウム Aphyosemion exigoideum ( Radda & Huber, 1977) (6月号)
No.44 シノレビアス・パリエタリス Cynolebias parietalis (Costa, 2014) (5月号)
No.43 アフィオセミオン・ブアラナム(エルバータイ) Aphyosemion bualanum (Ahl, 1924) (4月号)
No.42 オフサルモレビアス(シンプソニクティス)・コンスタンシアエ Ophthalmolebias constanciae (Myers,1942) (3月号)
No.41 アフィオセミオン・クンジィ(クンザイ) Aphyosemion kunzi (Radda,A.C.1975) (2月号)
No.40 スペクトロレビアス・フィラメントーサス Spectrolebias filamentosus (Costa, Barrera & Sarmiento,1997) (1月号)

2019年掲載分

No.39 アフィオセミオン・オセラータム(オケラータム) Aphyosemion ocellatum (Huber & Radda,1977) (12月号)
No.38 シノポエキルス・メラノタエニア Cynopoecilus melanotaenia(Regan, 1912) (11月号)
No.37 エピプラティス・ラモッティ Epiplatys lamottei (Daget,1954) (10月号)
No.36 オーストロフンデュラス・マイヤシィ Austrofundulus myersi (Dahl, 1958) (9月号)
No.35 フンデュロパンチャックス・マルモラータス(旧マルモラータム) Fundulopanchax marmoratus (Radda 1973) (8月号)
No.34 シンプソニクティス・エスピニャセンシス Simpsonichthys espinhacensis (Nielsen, Pessali & Dutra, 2017) (7月号)
No.33 アフィオセミオン・コンギカム Aphyosemion congicum (Ahl, 1924) (6月号)
No.32 オーストロレビアス・ギムノヴェントリス(ジィムノヴェントリス) Austrolebias gymnoventris (Amato, 1986) (5月号)
No.31 プロカトーパス・アベランス Procatopus aberrans (Ahl, 1927) (4月号)
No.30 ヒプソレビアス・コアマゾニクス Hypsolebias coamazonicus (Costa, Amorim & Bragança, 2014) (3月号)
No.29 リヴルス・パーヤギー Rivulus (Laimosemion) paryagi (Vermeulen, Suijker & Collier, 2012) (2月号)
No.28 オーストロレビアス・チェラドフィルス Austrolebias cheradophilus ,(Vazferreira, Sierra & Paulette, 1964) (1月号)

2018年掲載分

No.27 マラテコアラ・フォルモーサ Maratecoara formosa , Costa & Brasil in Costa, 1995 (12月号)
No.26 エピプラティス・アンソルギィー Epiplatys ansorgii (Boulenger, 1911) (11月号)
No.25 ノソブランキウス・ルシウス Nothobranchius lucius Wildekamp, Shidlovskiy & Watters, 2009 (9月号)
No.24 アフィオセミオン(ディアプテロン)・ジョージアエ Aphyosemion (Diapteron) georgiae Lambert & Géry 1968 (8月号)
No.23 ノソブランキウス・セイントハウセイ Nothobranchius sainthousei (Nagy, Cotterill & Bellstedt, 2016) (7月号)
No.22 スクリプトアフィオセミオン・コーヴェッティ Scriptaphyosemion cauveti (Romand & Ozouf-Costaz, 1995) (6月号)
No.21 オーストロレビアス・ヴァズフェレイライ Austrolebias vazferreirai (Berkenkamp, Etzel, Reichert & Salvia,1994) (5月号)
No.20 オーストロレビアス・ニグリピニス Austrolebias nigripinnis (Regan, 1912)(4月号)
No.19 ヒプソレビアス・フルミナンティス Hypsolebias fulminantis(Costa & Brasil 1993)(3月号)
No.18 アフィオセミオン・ヴォルカナム・“ムバンガ Aphyosemion volcanum“Mbanga” 
             アフィオセミオン・ビタエニアタム Aphyosemion bitaeniatum(2月号※2種掲載
No.17 オーストロレビアス・アレキサンドリー Austrolebias alexandri (1月号)

2017年掲載分

No.16 ノソブランキウス・パトリザイ(パトリジィ) Nothobranchius patrizii (12月号)
No.15 ディアプテロン・サイアノスティクタム“マコクー” Aphyosemion (Diapteron) cyanostictum“makokou” (11月号)
No.14 フンデュロソマ・ティエリィー(セリアイ) Fundulosoma thierryi Accra Plain GH94/1 (10月号)
No.13 スペクトロレビアス(シンプソニクティス)・レティキュラータス Spectrolebias reticulatus “Altamira Rio Xingu” (9月号)
No.12 リブルス・イグネウス  AnablepsoidesRivulusIgneus“ Crique Cochon Saul” (8月号)
No.11 ノソブランキウス・マコンドルム “ムトニャ”  Nothobranchius makondorum “MTONYA” TNT2014-12 (7月号)
No.10 アフィオセミオン・オゴエンセ・ピロフォー  Aphyosemion ogoense pyrophore RPC82 (6月号)
No.9 オーストロレビアス・エロンゲータス “ヘネラル・ラヴァジェー” Austrolebias cf. elongatus “Gral. Lavalle” AR2015 (5月号)
No.8 フンデュロパンチャックス・ガードネリィ   Fundulopanchax gardneri (4月号)
No.7 ノソブランキウス・カフエンシス“ネガネガ”  Nothobranchius kafuensis “Nega Nega”ZAM92-1 (3月号)
No.6 スクリプトアフィオセミオン・ギグナルディ“ソウゲッタ”   Scriptaphyosemion guignardi“ Sougueta” (2月号)
No.5 ピトゥーナ・オブリクオセリアータ  Pituna obliquoseriata (1月号)

2016年掲載分

No.4 リブルス・シリンドラセウス  Rivulus cylindraceus (12月号)
No.3 プロカトーパス・シミリス  Procatopus similis (11月号)
No.2 ノソブランキウス・ギュンテリー “レッド”(ガンサアイ)  Nothobranchius guentheri “Red” (10月号)
No.1 アフィオセミオン・マージネイタム  Aphyosemion gabunense marginatum (9月号)

その他連載の一覧はこちら