みなさんこんにちは。

アクアライフWEB編集部です。

今回のお題は、茶色い熱帯魚12選!

 

でも…………茶色い熱帯魚って、すごく、すごく多いんです!

そんな中から編集部が真剣にセレクトした「推し茶」たち。

12選という限られた枠の中で、熱帯魚の茶色の素晴らしさをできるだけ堪能していただけるよう、真剣に選出しましたのでどうぞご覧ください!

山口 正吾山口 正吾

「上品」がキーワードかも。


板近 代板近 代

どうしてもやりたかった色です!

アクアの雑談

アクアの雑談は、その名の通りアクアリウムに関する「雑談」をお届けする連載です。お題は回ごとにいろいろ! 雑談いたしますのは、株式会社エムピージェー出版部長で月刊アクアライフ前編集長の山口 正吾(やまぐち しょうご)と、アクアライフWEB編集部に社外からの協力スタッフとして参加している板近 代(いたちか しろ)。雑談ならではのお話を、どうぞお楽しみください。

お待ちかね(?)の茶色い熱帯魚選出回!

板近:前々回のアクアの雑談「赤い熱帯魚」も、たくさん閲覧していただきましたね。

山口:おかげさまで、好評です。

板近:読んでくださったみなさま、ありがとうございます。

山口:ありがとうございます。

板近:それで……ですね、山口さん。

山口:なんでしょう。

板近:本日は赤い熱帯魚の末で予告した茶色い熱帯魚……行きたいんですがよいでしょうか。

「赤い熱帯魚」の回より

山口:……茶色は渋いですよね、わりと。

板近:ええ。茶色い熱帯魚って、けっこう多いじゃないですか。

山口:たしかに数は多いですね。ただ、赤や青と比べると強く印象に残りにくいから、お題としても冒険の要素があると思います。

板近:そうかもしれません。

山口:とはいえアントニオ猪木さんにならって「いつ何時、誰とでも」の精神でお受けすることにいたします。

板近:ありがとうございます! 多分、勝手な想像ですが「茶色待ってた!」って思ってくれる人もいるのではないかなと……。

山口:いるのかな、真面目な話(笑)。

板近:正直に言うと……私が待ってましたっ!

茶色い熱帯魚12選

山口:では、青い熱帯魚、赤い熱帯魚の回になぞらえて、今回も12選でどうでしょう。

板近:そうですね! やはり今回も、枠が足りない……と悩むことになるんでしょうね(笑)。

山口:熱帯魚にはかなりの種類がいますからね。

板近:ですねぇ。

山口:ではでは、ご提案いただいた板近さんから選出お願いいたします。

チョコレートグーラミィ

チョコレートグーラミィ
チョコレートグーラミィ Photo by N.Hashimoto

板近:チョコレートグーラミィどうでしょうか。

山口:ああ、それしかないよなぁ。

板近:このお題のトップバッター感ありますよね。

山口:ありますね。というか、それを初めに出されるとつらいものがある(笑)。

板近:(笑)。今回も私の選出からスタートであったので「ここはチョコグラだ!」と。

山口:では、推しのポイントなどを。

板近:以前、可愛い熱帯魚の回や熱帯魚の色の回で山口さんと、この茶色を「チョコレート」と呼ぶことの素晴らしさについて話していたじゃないですか。

山口:ええ、上品ですよね。

板近:まさに高級チョコのような品のある魚ですよね。

山口:茶色と一口に言うけれど、なかなか魅力的な色です。

板近:チョコレートという名前が似合い過ぎなんですよね。名づけた人、本当にすごい。

山口:体も小さいしどことなく奥手というか、おとなしいというか。

板近:ええ、あのサイズ感や性格も重要です。

山口:本当に、あの色がよく似合う魚だと思います。

板近:あの体に入るラインが、また茶色の深さを引き立てるんですよね。

チョコレートシクリッド

チョコレートシクリッド
チョコレートシクリッド(コリファエノイデス) Photo by MPJ

山口:では、私の一発目はチョコレートつながりで、チョコレートシクリッドはどうでしょう。

板近:いい流れですね!

山口:しかし、いきなり前言撤回のようで申し訳ないのですが、この魚、チョコレート色という感じはあまりしないんですよね、個人的に。

板近:(笑)

山口:色合いが複雑なので茶色は入っているけれど、チョコレート色というのはちょっと違う気がする。

板近:それでも、本日選出するだけの理由があったんですね。

山口:実は11月発売の月刊アクアライフ(2022年12月号 11月11日発売)で、チョコレートシクリッドを取り上げているのでそちらもお読みになってほしいという気持ちもあり(笑)。

板近:(笑)

山口:いい魚ですよ。いわゆるシクラソマ類の中では温和だし。チョコレートシクリッドは2種類いるのですが、本日はその片方を挙げさせていただきますね。

板近:どちらでしょう。

山口:コリファエノイデス。こちらのほうが、本日のお題に合っていると思います。補足ですが、もう1種類の方はテンポラリスといいます。そのあたりも、先程お伝えした号に掲載していますのでよかったら。

板近:山口さんの好きなポイントなどあれば、教えていただけますか。

山口:シクラソマ類はわりと好きで。大きめの身体で徐々に仕上がっていくという、その飼育の過程が好きであるし。

板近:ええ。

山口:先ほども言ったように、私はこの魚をチョコレート色とは思えないのですが、ともあれ複雑な体色はとても魅力的です。

板近:そういう色ってなんとも言えない味わい深さがありますよね。曖昧で絶妙というか……たしかに言葉にしづらい色です。

山口:ですね。では、板近さんどうぞ。

ストライプウッドキャット

板近:ストライプウッドキャットどうでしょうか。

山口:ほう、渋い。渋いというか、渋すぎるというか。ウッドキャットかぁ。推しのポイントを教えてください。

板近:推しというか、今まさに飼っていて。もう、超推しですね。

山口:飼っているんですね(笑)。

板近:はい(笑)。塩ビパイプやら、流木やらを入れていてる水槽での飼育なんですが、隠れがちな魚が多いうちの水槽でも、特に隠れるのが好きな感じのする魚で。

山口:そのどこに、魅力を感じますか?

板近:この魚はうちだと流木に寄り添うように隠れていることが多いんですね。具体的に言うと、長さのある流木と流木の隙間だとか、細い流木を突っ込んで中を狭めてある塩ビパイプの中だとか、そういうところに。

山口:はい。

板近:その隠れている姿が……流木の茶と魚の茶が一体化している感じがすごくて。「ああ、だから君は茶色いんだね」みたいなところが、すごく好きで。

山口:タティアやウッドキャットはそんなイメージありますね。萌える、というか、板近さんの魚との距離がよくわかるお話で。

板近:ありがとうございます。あんまり出てくる魚ではないんですが、ごはんの時や、夜中には活動している姿を見せてくれることもあって。基本、暗い中での観察になるんですが、その暗さにもあの色がいい感じで。

山口:なんか想像できます、その観察風景が(笑)。ナマズが好きな人のイメージ。暗い中というと、写真撮影の難易度は高そうですね。

板近:そうなんです! たまに、撮れそうな明るさの時に出てきてくれる時もあるのですが、見惚れちゃっている間に隠れ家に帰っちゃって……ということを何回か経験しています(笑)。

山口:(笑)

板近:あるのは、水合わせが終わって水槽に放す直前にサッと撮った写真くらいだと思います。お迎えした日の写真ですね。

山口:おお、せっかくなのでそれを掲載しませんか。

板近:個人的な記録写真ですがいいですか。

山口:そうした写真は意外と見る機会が少ないですから、いいと思いますよ。

板近:承知いたしました。そうそう、うちにはストライプウッドキャットが二匹いるんですが、ストライプの入り方がそれぞれ違うんですよね。そんな個体差も魅力的な魚なので、読者のみなさんもぜひ調べて、いろいろな個体を見てみてください。ではでは、山口さんの次の選出お願いいたします!

ストライプウッドキャット
板近撮影の記録写真。この後そっと静かに水槽に放した Photo by S.Itachika

板近 代板近 代

次のページでは広い面積と素敵な模様を持つ茶色い魚が登場しますよ!